スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道家庭学校の子供達と留岡幸助

千歳市保護司会・千歳市町内会連合会・民生委員児童委員連絡協議会の
合同研修会として北海道家庭学校校長の加藤正男氏の講演会がありました。

IMGP1857.jpg

留岡幸助氏が創設者。
広大な敷地内に寮舎があり、それぞれに夫婦の職員が住み込み少数の生徒と
共同で生活しながら家庭のような教育を行う児童自立支援施設です。

北海道家庭学校HP
http://www.justmystage.com/home/ayame1234/

留岡氏の言葉の中にこんなのがあります。
「教育上一番大切なのは家庭である。次に大切なのは学校と社会である。
 人間をよくする基本は家庭にある。」

「教養のある慈母が子供の教育者としては一番。」と。。。


先日、友達から聞いた話…
お風呂に入らない家庭があるらしい…
子供の首には垢が溜まるほどだから、相当月数のよう。
当然、臭いも発しているようで周りのお友達は寄り付かない。

大人は気になっても口には出さないけど、
子供は生理的にも近寄らなくなるのが普通だよね。

これって家庭が親が自ら、引き起こしている事。

PTAにも関わって正当なことを言ってても、
我が子を自らよくない方へと導いてしまってるなんて…

渇!  ですよ!

犠牲になるのは、いつも子供…

お風呂に入る習慣を知らずに大人になるなんて。
行く末が心配です。。。



親は…児童相談所の言葉にも耳をかしていないとか…



今年5月から子育て支援の一つとして
保育に関する勉強をしています。
寂しい思い、悲しい思いをする子供を、
一人でも減らせるよう役立てていきたいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのような問題に対して
自分の子供のように周りの親や、先生など大人たちがどこまで向き合うことが出来るだろうか?
罪のない子供を何としても守るべき。
具体的に何から手をつけましょうか?


その家庭がどういう家庭かわかりませんが、お風呂に入らないのではなく、入れないのでは?経済的な理由で…お湯はエネルギーを使わなければなりませんからね。その子の親が腹を割って話してくれるまで、同じ目線で声をかけ続けてはどうでしょうか?話し合いはそれからで…
生意気言ってすいません。

ありがとうございます

この問題を一緒に考えてくれて、ありがとうございますm(__)m

周りの親御さんも心配され自分のお子さん方にも、丁寧に話をしているようです。学校もタオルで拭いたり教えたりしているようです。
Aさんの親も働いてはいるようです。


育児講習である先生が言ってました。

人を変える事は出来ませんよ…って。

私も同感です。変えられる!なんて思うのは傲慢すぎる…
だから、早くご本人に気付いてもらいたい!

無関心にならず、必要な時に手を差し延べられるよう、周りで注意深く見守り、接してもらえるといいですよね!


幸せな人生であってほしいです…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

松倉みか

Author:松倉みか
千歳市議会議員 松倉みか後援会のブログです
住みよい街「ちとせ」を目指し、
一緒に一歩を踏み出しましょう!

司会の仕事を11年。
この春からはしかい議員に。
どちらも真っ直ぐに‥ガンバリマス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。